bungei thru the lens@国立新美術館

文芸フェス!
bungei thru the lens@国立新美術館 ジョルジュサンドの手紙』無事終わりました!

お忙しい中観に来て下さった皆様本当にありがとうございます!!

先週末の名古屋サウンドパフォーマンスに続きのこの2連チャン公演は、なかなか大変だったけど、全く違う作品でやりがいがありました。

特に今回は、実在する人物は創っていて面白かったな。男装するし女にもなるジョルジュサンド。

ショパンやリストの関係など、事実史に基づき構成。

イーガル との音楽も舞台上で生きてきて丁寧に創れたかな。

踊りながら途中セリフをたくさん心の中で話してたしね。

全てを任せられる照明の前田 文彦さん、

盛岡から照明助っ人のお手伝いに来てくれた照井 晨市さん、

何度も衣装変更にもイヤな顔せずに作ってくれた衣装スタイリングのTatsuo Inoueさん、衣装制作の久保原さん、

音楽制作だけでなく私とイーガルのお手伝いをサクッとやってくれる鋒山 純也さん、

この時代に合ってなおかつ踊れるヘアーを作ってくれたキタハラ ヨシノリさん、アシスタントの荒井くん。

そして急遽来てくれてやっぱり頼りになる斎藤 尚美さん、

舞台当日、皆んな勢ぞろいしてしまう我がチーム。

余裕あるゲネや舞台稽古は、このチームだから出来た事なんだろうね。

本当にありがとう!

そして中西 玲人さん、また一緒にやれるのを楽しみにしてるね!

ダンスマルシェ単独公演も、この秋にはやるつもりです!!

IMG_6666

IMG_6668

IMG_6728

IMG_6654

お芝居40ミニッツ!

『40ミニッツ!』

『ゆれる』

    
  

 

  

私の照明さんのお誘いでお芝居を観劇!

3団体が、テーマは、ゆれる!40分で上演!

順番もその日により変わる。

そして、お客さんが良かった作品を投票して、一位には、賞金100万円!!
なんと面白い企画!

見事賞金を手に入れた団体は、私も納得できるほど、演出が上手い作品。

過去と未来が上手く混じり合い、お芝居なんだけど映画ぽい。

そんなにセットはないのに、情景が見えてくる。なるほどなぁ。

お芝居観る時ともついつい、客観的に作り方を見てしまう私。

でも、この作品は、徐々に心が動かされる。いつの間にかに、涙ポロリ。

隣のお姉さんも泣いてたなぁ。(T ^ T)

この40分という設定もとても良い!

短いすぎず、長くない。

オムニバスで観るには、丁度良い長さ。

私的にはひとつやる度に、休憩が欲しいよね。

頭が切り替えられない。

終わってからもう少し作品に浸りたいよね。
こんな企画がダンス公演でもあるといいな!

来年も観に行こう!

black balloon 〜記憶の断片〜

Yunoballet発表会、『白鳥の湖』『black balloon〜記憶の断片〜』

観に来て下さった皆様、応援して下さった皆様、本当にありがとうございます。

舞台は生モノ、空気が動く。作品の大小に関わらず、舞台が終わるといつも色々な課題が押し寄せて反省。。

 

  

 

そしてある友人からの感想を頂きました。バレエの発表会で、コンテンポラリー作品をやる意義というは、こういう事だよね。

『昨日の公演に関しては逆に「バレエ=クラシック」というお客さんにはとても新鮮だったのではないでしょうか?やはり世界のコンクールなどを見ると欧米のダンサーに比べて日本人の子はクラシック以外の経験が少ないとよく感じます。早いうちから様々なジャンルを見ている方が多様なダンサーが育つのでこれからの時代は必要じゃないですかね?』

少しでも心の琴線が触れる様な作品を創りたいと思う。バレリーナちゃんの卵の感性を刺激できたら嬉しいです。

この様な機会を作ってくれた藤井 由乃さんに感謝です!

将来を担う子供へのダンスの想い

今回の新作発表で、主宰のゆのちゃんこと  藤井 由乃さんは、とても感謝している。ゆのちゃんの発表会への想いは、『生徒に本物を体験させる事』

今回の《白鳥の湖  全幕》では、演出から振付、舞台セット、日本を代表する男性ダンサーを揃えている。

もちろん生徒にも厳しい練習になるけど、全てはゆのちゃんの想いがあるからこそ。

そして、昨日の通し稽古で、本調子でないのに関わらず彼女の踊りは、さすがプロよね!という気迫の踊りをみせてくれた。

そんな中での私の作品。

お客さんはバレエを観に来ている。コンテンポラリーダンスって知らない人が多い。

だからこそ、『ダンスって面白いね!』とか『色んな表現があるんだね!』と感じて欲しい。

ある意味将来を担う子供達にも『バレエだけでなく、コンテンポラリーダンスも楽しいぞ!』という変な使命感もあり(笑)

だから私も同じ舞台に立たせてもらう以上、妥協はしない。

作家のはしくれだけど、ダンサーとしても踊りをみせ、一緒に作品を創っているアーティスト達と最後まで創る。

そして時間がない中、より私の作品を仕上げてくれる舞台スタッフには、本当に感謝!

よしっ!最後まで創りあげるぞ!ゆのちゃんいつもありがとう〜(≧∇≦)

人の本音を垣間見る

うちの照明Mさんと音響Tさんがスタッフとして入ってたお芝居@恵比寿

子供のケンカが発端で両親同士のみ集まり、穏やかな話し合いからの大人のケンカが始まる… そんなお話し。

正直こういう事あるよね。こういう人いるよね。夫婦関係って… とケンカを通して人となりをみる。自分に置き換えられるところもアリで、気をつけよう……(*_*)とも思う。
こういう風に思えるのもお芝居の良いところよね。

それにしても、照明のMさんは、本番70分のうち照明操作は3回のみ!という離れ技をしているぞ!ww
そんな思い切ったことも出来るのも、またすごいよね。

そのおかげで、舞台設定が部屋の1シーンのみでお部屋をずっと見てるから、お話に集中できるよね。

YouTube  ダンスマルシェvol.7 『雅愛流図』

DANCE MARCHE DANCE PERFORMANCE VOL.7   『雅愛流図(ガールズ)』 日時:2014年7月9日(水) 19:30/ 10日(木) 13:30 19:00 会場:北沢タウンホール
大手広告代理店で働く女性たちの本性が見え隠れするダンス群像劇ダンス×音楽×映像《ストーリー》仕事と家庭、ごく平凡な自分の日常に満足しているつもりだったマナミ。同僚レイカの夜の仕事を知ってからは、マナミの内側で得も知れぬ欲求が膨らみ始める・・・。
構成・演出・振付 池上直子 音楽監督・作曲 イーガル 音楽制作 鋒山純也 <スペシャルコンテンツ> 映像 MIKAN
▼出演 ダンサー 宇山たわ 蛯子奈緒美 松本直子 森田真希 池上直子 ピアノ イーガル アコーディオン à qui avec Gabriel
構成・演出・振付 池上直子
音楽監督・作曲 イーガル 音楽制作 鋒山純也
照明 前田文彦  舞台監督 斎藤尚美  衣装 菊地はるえ
音響 田島誠治  記録ビデオ 林裕人
フライヤー写真 長谷良樹 メイク Yuko self  デザイン 福井直信
制作 古閑詩織
主催 ダンスマルシェ
DANCE MARCHE DANCE PERFORMANCE VOL.7   『雅愛流図(ガールズ)』
日時:2014年7月9日(水) 19:30/ 10日(木) 13:30 19:00
会場:北沢タウンホール

大手広告代理店で働く女性たちの本性が見え隠れするダンス群像劇ダンス×音楽×映像《ストーリー》仕事と家庭、ごく平凡な自分の日常に満足しているつもりだったマナミ。同僚レイカの夜の仕事を知ってからは、マナミの内側で得も知れぬ欲求が膨らみ始める・・・。

構成・演出・振付 池上直子
音楽監督・作曲 イーガル
映像 MIKAN
ダンサー 宇山たわ 蛯子奈緒美 松本直子 森田真希 池上直子
ピアノ イーガルアコーディオン
à qui avec Gabriel
照明 前田文彦  舞台監督 斎藤尚美
音楽制作 鋒山純也 衣装 菊地はるえ
音響 田島誠治  記録ビデオ 林裕人
フライヤー写真 長谷良樹 メイク Yuko self  デザイン 福井直信
制作 古閑詩織
主催 ダンスマルシェ

雅愛流図インタビュー ダンサー森田真希さん

森田真希

森田真希

7月 9日(水)~ 10日(木)
『雅愛流図(ガールズ)』特別企画!!
第八弾、ダンサー 森田真希さんインタビュー!
公演制作の古閑です。この作品にどのような方々が関わっているのか、もっとみなさんんに知っていただくために、不定期に公演関係者のインタビューを、本番までの期間中随時アップしていこうと思います。
8回目はダンサーの森田真希さんです。

ーまずは、主宰の池上に森田さんとの関係性について聞きいてみました!

バレリーナでありながら、どんな踊りでも踊りこなす森田真希さん。

10年以上前によく一緒に踊っていて、また最近一緒に踊る機会があり、
今回初めて私の作品を踊って頂いてます。

今回真希ちゃんがダンサーとして人気がある理由が分かりましたね
。私のような振付家の踊りでもキチンと踊ってくれるんです。
この人は任せても大丈夫だという安心感。さすがだなぁ。

今回、一緒に作品を創っていて、真希ちゃんから学ぶ事が多いです。

ー森田真希さんインタビュー

1、今回キャラクター設定が具体的にあるダンスは珍しいと思うのですが、ユリはどうような役柄のかを教えて下さい。

会社に勤めたことがないので、会社にいるお医者さんを想像することしか出来ませんが、実際の診療の他にみんなのグチや悩みなんかも聞いてくれるのかなぁと勝手に思っています(笑)

2、その役をどのように演じられるのでしょうか。また、演じられるにあたり特に気をつけている点などはありますか。

まだ模索中です。
でも、中身と外見の変化はお見せしたいなと思っています。本音と建前みたいなものがある程度のテーマになってると思うので。

3、女性の本性というものを1つのテーマにしていますが、ご自身は、いい意味も含め「女性の本性を見た!」と思った瞬間はありますか?

あると思います。でもその時は自分のせいで相手に本性を出させてしまったので、結局は自分の本性が先に出ていたと思いますが…

4、ずばり、今回の作品のみどころや意気込みを教えて下さい!

単に踊りの舞台というだけでなく、たくさんのアーティストが携わっている舞台なので、相乗効果で素敵な舞台になるといいなと思っています。

森田さんありがとうございました。
今回、池上と森田さんは、かなり久しぶりの共演になるのですね。森田さんの役柄での本音と建前、とても楽しみです。

次回もお楽しみに!

映像撮影~

来週9.10日に迫った舞台。まだまだ創り続けてます…
今日は、舞台映像に組み込まれる踊りの撮影。クリエイターのMIKANさんと一緒に

リハ後に、またリハ。
どんな映像になるか楽しみだな!
メイクに裕子が入ってくれて安心。ありがとう♡

雅愛流図 予告動画!

雅愛流図インタビュー 舞台監督 斎藤尚美さん

201106301226000

7月9.10日 『雅愛流図(ガールズ)』特別企画!!
第三弾、舞台監督 斎藤尚美さんインタビュー!

公演制作の古閑です。この作品にどのような方々が関わっているのか、もっとみなさんんに知っていただくために、不定期に公演関係者のインタビューを、本番までの期間中随時アップしていこうと思います。

3回目は舞台監督の斎藤尚美さんです。
ーまずは、主宰の池上に斎藤さんとの関係性について聞きいてみました!

舞台監督の尚美さんは、いつも全体を見てダンサーやスタッフの動きを本当に良く見ています。そして、とにかく気遣いは感動モノ!

私が舞台の上で、衣装のままでダメだし稽古をしていると、サッと上着を持ってきてくれたり、糸針やハサミがスッと出てきたりと、普通舞台監督は、そこまでしないのに、女性ならではの視点で、どんな事でもやりこなしてしまいます。

そして、楽屋に出演者の名前を貼ってくれるのですが、名前だけでなくお花と一緒に飾り付けを!と素敵な心遣いが!
本当にダンサーにとっては踊りやすい環境を作って頂けて感謝!

ー斎藤尚美さんインタビュー

1、北沢タウンホールでは、毎回空間を作り込んでいますが、今回気を付けている点はありますか?

今回は造り込み過ぎない ように、気をつけます。

2、女性の本性というものを1つのテーマにしていますが、ご自身は、いい意味も含め「女性の本性を見た!」と思った瞬間はありますか?

日に数回程

3、ずばり、今回の作品のみどころや意気込みを教えて下さい!

呼吸

尚美さん、ありがとうございました。

公演の進行管理や安全を守る舞台監督さんがほがらかで細やかな尚美さんだからこそ、現場の雰囲気もよく、みんな安心して稽古や本番が進行していくのだと思います。本当に感謝でございます!!

次回もお楽しみに!