文化庁在外研修に選出されました!

文化庁の平成28年度 新進芸術家海外研修制度に選出されました!

12月より、ドイツのレーゲンスブルク歌劇場のダンスカンパニーに振付・芸術監督の勉強をしに研修にいきます!

このカンパニーの芸術監督は、ヨーロッパで日本人で初めて公立の歌劇場で芸術監督になった森優貴さん

19歳にハンブルグバレエ学校に留学されてから、それからドイツのシュテファン・トスのカンパニーの主要メンバーのダンサーとして活躍後、

若干34歳で芸術監督に就任。今年で4シーズン目となります。

森さんの作品は、音楽性が優れていて、日本人の持つ繊細さとヨーロッパ文化で育ったダイナミックさがミックスされた作品です。

私は彼の元で、来年2月にプレミアがある新作「恐るべき子供たち」の作品過程・リハーサルを通して、

振付はもちろんな事、公立の歌劇場ならではの他の部署との作品の関わり方なども全て勉強します。

森さんの足手まといにならないように、少しでもアシスタントのように動けたらいいなと思ってます。

森さんの作品を少しご紹介します!

私もドイツで拝見した作品 「the house」ダイジェスト版です!とっても大好きな作品

今シーズン、チケットが取れないほどの人気のボレロ。リハーサル風景の動画です。

私もここのスタジオや劇場で研修しますよ

スタジオ「ダンスキッチン」OPEN!

これまで公演活動を行ってきた「ダンスマルシェ」がスタジオ版として、5月原宿にて「Dance Kitchen  (ダンスキッチン)」をOPENします!

ご縁があり、原宿のスタジオを使わせていただく事になりました!

今までも何度かスタジオのお話を頂いた事もありましたが、やっと今の私なら出来る!と思い、この機会に感謝しつつ新しい挑戦です。

ダンスキッチンは、上手くなった自分をイメージ出来るダンサー・バレリーナのための、「もっと上手くなりたい場でもあり、自分と見つめ合う時間」、

一般の方がしなやかな身体を取り戻す「もうひとつの場」、人生に「新しいものがたり」を作り出すキッチンとして、スタジオを展開します。

決して料理しながら踊りませんよ 笑

コンセプトは「体・技・心

「体技心」〜体が変わると技術も上がり、心も強くなる。

武道の心得のひとつに「心技体」というのがありますが、身体を使う人は「体技心」と信じてやってきました。

心(気持ち)だけではモチベーションを維持するのは大変で、身体が先に変わった方が技術も上がり心(気持ち)も自然とモチベーションアップ!

身体が変わると「もしかして私上手くなった? 上手くなれるかも?!」という自分に対しての『期待』が出てきます。

その自分に対しての『期待』を最大限引き出すのが、ダンスキッチンプログラム。

私はダンス・バレエレッスン以外のトレーニング(筋力トレーニング・ストレッチ・ピラティスなど)を20代後半からいち早く取り入れ、

パフォーマンスの向上・怪我の予防のために取り組んできました。

そしてその過程で、ピラティスの資格を取ったり、解剖学バレエの勉強をしたり、指導しながら生徒の為に必要なトレーニングを考えたりと、

自分の身体を実験台に研究・開発をしてきました。

才能が特にあるわけでない私が、今こうやって踊れるのは、日々踊りながらトレーニングをし、自分の理想とする身体に近づけようとしたからこそだと思います。

すごくストイックにやってるように思われますが、実は変わっていく自分が面白いんです!

変化する過程は、時にはいつもと違う感覚に振り回されたこともありましたが、

今はそういうこともなく今必要なトレーニングを取り入れてちょっと先の自分に期待して楽しんでます!!

舞踊歴33年、指導歴18年、トレーニング歴13年。

40歳になった今だからこそ、伝えられるものがあり、培ったものをシェアしていきたいです。

ダンスキッチンプログラムは、その全てが詰まっているオリジナルメソッドです。

なので、ダンサー・バレリーナ対象クラスと、一般の方対象クラスに分かれます。

ダンサー・バレリーナ対象クラスは、ピラティスバレエクラス バレエクラス コンテンポラリークラス ジュニアコンテンポラリークラスなどあります。

特にピラティスバレエクラスは、バーレッスンやバレエクラスを最後にやることで、いつもとは違う感覚で踊れる自分に出会えます。

この上手くなったかも!違う!を自分の中で積み上げていくことが、上手くなるための近道と私は考えます

ただトレーニングするだけではないのです!

ダンサー・バレリーナは、日々自分の姿・踊りに落ち込みます。。。

だからこそ、やったら私変われる!! もっと上手くなれるかも!そんな自分になってほしいし、自分に期待してほしいのです。

自信なんてそう簡単につくものでないから、小さなことをちょとづつ積み上げていくしかないと思っています。

一般の方対象クラスは、しなやかな身体を取り戻すピラティス&ストレッチクラスです。

体幹力・柔軟性をアップすることで、ダンサー・バレリーナのように姿勢を整え、美しくカッコ良く、しなやかな身体づくりを目指します!

少し身体が若い時とは変わってきたかも感じ始める30代以上の方対象です。

ガンガン鍛えたい方には向いていません。あくまでも健康で美しくありたいと思う方に!

ダンスキッチンプログラムは、全て少人数制です。

一人一人が自分と向き合える時間

私も丁寧にお一人ずつ向き合って指導させていただきます。

そして、変わっていく姿を私も一緒になって楽しみたいです。

詳細はまた次回に!

またダンスキッチンblogも始めます! そちらも宜しくお願いします!

自分と向き合う

ダンサーやバレリーナは華やかな反面とてもストイック。

いかに自分と向き合えることで上達に差が出て、ましては人生が変わることもある。

とある海外のディレクターからダンサーのオーディションについて伺った。

オーディションの採用する決め手はなに?とね。

一番はじめは、今いるカンパニーとのバランスをみる。

カンパニーには世界中から応募が来る。だからこそその時に必要な人種をみるという。

アジア人がそのカンパニーに二人いたら取らないとか、金髪が欲しいとかとか。

自分ではどうにでも出来ないことがあるんだよね。

書類選考では他にいくつもの条件をクリアーし、やっと実技と面接。

(他の条件についての話はまたの機会に)

そしてそしてオーディションが終わり、何人か候補に絞られる。

でもダンサー枠はたったひとつだけ。

そのディレクターは決め手のひとつに、ある程度の理解力と技術力があるという前提で『自分と向き合えるかどうか』ということを話していた。

カンパニーでは、1年間毎日のように顔を合わせて作品を創っていく作業。

言われたことを表面的でなく、自分の中で咀嚼して落とし込んで踊っていく。

コツコツと一人でも練習できるかどうか。

作品で生きる為に、振付家の意図をキャッチしすぐに踊りを変える。出来なければ練習する。

周りのダンサーとの関係、そして最後には、自分を舞台上で放し輝く!

この最後はとても難しいけどね。

この話を聞いて、もちろん自分が自分がバーンとオーディションで出せる方が目につくかもしれない。

でも、やっぱり本質を見抜くようにオーディションでは見るんだな〜とも思ったよね。

自分と向き合う作業は、とても孤独。

自分の嫌な面・出来ない面ばかりが自分だと目につくからね。

私自身も嫌っというほど目につく。その度に落ち込む。。

だからと言って、やらなければ何も変わらない。

誰かがやってくれないもんね。

それに舞台上ではひとり。

たとえパートナーいたとしても、責任をもって自分の踊りをしないと一緒には踊れないよね。

自分と向き合うことは、自分との戦い。

時には向き合いすぎて、それ故に舞台上で真面目すぎることもある

これって、よくあるよね 笑

でもこれも経験を重ねていくしかない。

舞台上で楽しみたいしね!

さてさて、自分と向き合うようにピラるかな!笑

教え子の発表会!!

先日、今まで教師として携わっていたお教室の発表会を観に行ってきました!

観ていて、皆んなの一生懸命さに嬉しくなり、このお稽古場ならではのカラーが出ていました。

また私が携わってないことに不思議にもなり、寂しい半面、立派に踊っている姿を見ると良かったんだなと思えます。

終わってから、楽屋に挨拶に行くのは少し気が引けることもあり、

楽屋口で先生をはじめ皆んな会うこともできて良かった!

生徒たちは、私に会うなり泣き出すという子供達。

きっと大変だったんだろうな〜と思い、無事終わって安心したんだろうね!

そして、私自身皆んなに会ってみて、やっぱり可愛くて可愛くて仕方ないよね。

本当にそう思う。

手塩にかけてきたからね。

踊りを見るだけで一人一人が見えてくるし、どうやってきたかも分かる。

そして、久しぶりに皆んなの話も聞けて良かった。

それぞれの年代にみんな悩みがある。と感じたよね。

それでもバレエが好きで踊っている。

だから、後悔だけはして欲しくない。自分の気持ちに蓋をして欲しくない。

「あの時、あぁすれば良かった。。。。」という思いだけはね・・

実際、その時頑張っても良くない結果があるかもしれない。

そんなのは当たり前で、何もしなかったら何も変わらないし、

これからたくさん色んなことが起こるだろうこと。

でも、やり続けることで、モノの見方が変わってくる。

すると考え方や行動も変わるもんね。

数年前に諦めたことが、今となって違うカタチで実現する。

これは私自身のことだけど、ホントにそんな事ってあるんだよね。

この私でさえあるのだから

だから簡単に諦めないでほしい。

簡単に自分に見切りを付けないでほしい。

その代わり、がむしゃらに自分が「ここまでやった!」と思えるまでね!!

舞台というのは、結果があらわれるよね。

泣いても笑っても、その時までやった結果がみえる。

それは、肉体的にも精神的にも。

特に、どこか自分が引いてしまうと、お客さんには伝わらないし、自分だけしかみえてこなくなる。

自分の良し悪しの結果にこだわってしまう。

そうなると、もう作品にはならない。

発表会だからいいってもんじゃない。

自分の役柄を理解し、作品の中で生きること、それがダンサーとしての仕事。

それがどの舞台でも追求することで、ダンサーとしても人としてもとても成長していくと思う。

生徒たちは、まだまだ可能性がある。

これからも私は見続けていきたい。

手を差し伸べてくれるのを待っていても、私は手を出せないと思う。

でも、離れていても可愛い教え子には変わりはない。

だから、求められたら力になれることは何でもするよ!!

盛岡WS 2日目

盛岡WS2日目!
コンテンポラリージュニア、コンテンポラリー初級、コンテンポラリー中上級の3クラス!
ほぼ動きぱなしの3クラス!
みんな初めて踊る動きに戸惑いながらも、どんどん挑戦して楽しむ姿に私もたくさん触発されました!

コンテンポラリージュニア
IMG_6298

コンテンポラリー初級

IMG_6297

コンテンポラリー中上級

IMG_6294

盛岡WS 1日目

盛岡へ1泊2日のWS!

友人の真美ちゃんこと平真美バレエスタジオへ!
皆んな素直な生徒さん。
とても一生懸命で私も勉強になる1日目!

はじめは、幼稚園クラスの親子deダンス!

ママと一緒にスキップしたり、オノマトペを使って親子でクリエイション!
想像力豊かで笑顔が絶えない楽しいクラスでした!

IMG_6283

バレエピラティス&バレエ初級
小学3年からのクラス。身体の使い方はまず知り、触り、見る、そして自分でやってみる!
まだ難しいかなぁと思っても身体への興味が出て、吸収しようとする!
皆んなみるみる変わってくるね!

IMG_6284

IMG_6292

ピラティスバレエ&バレエ 中上級
小学6年生から大人までクラス。
このクラスは、みっちりがっつりピラります!
この後のバーレッスンをやると皆んな5番が入りやすいや、身体まとまる〜など、身体の変化を実感!
身体の使い方が分かるってホント大事よね。

IMG_6290

IMG_6291

明日は、コンテンポラリークラス3クラス!!

私もたくさん踊ります!がんばらないとっ!

ダンサーの治療とリハビリ3

前回の続きから、

①1週間休んで炎症もとれ、治ってきてたら、病院の先生からも動いてOKがもうらえるはずです。

軽い捻挫などの本当に程度なら休んでる間、元気な筋肉は落としたくないので、

自分で軽くレッスンの時にやるトレーニングやストレッチもやっても良いでしょう。

そしたら、レッスンを始めましょう!

でも絶対に無理をしないようにしてください!

②1週間で少し炎症もあり、不安でもう少しと2週間近く休み踊れることになった場合。

やっとレッスン出来るといって、張り切って踊らないで下さい!!

怪我の箇所の炎症はとれても、元気であった他の筋肉は2週間でフニャフニャです。

レッスンで身体が軽くて動けるような気になりますが、それは錯覚です。

気持ちよくてジャンプし着地した瞬間、筋肉が身体を支えられなくて靭帯がグキッ!!というのもあり得ます。

なので、復帰後は丁寧にまた一から踊れる身体を作りあげていくようにしましょう。

久しぶりに踊った身体は、次の日は筋肉痛です。

それを受け入れ、筋肉痛には筋肉痛を重ねとる筋肉痛は少なくなるので、またレッスンをしましょうね。

③2週間休んでも、炎症がとれても痛みが残ったり、他の箇所が痛くなってきた場合。

休んだから、元どおりなる!ではないのです・・・。残念ながら。

炎症はとれてきますが、元気だった筋肉も衰えてきます。

人にもよると思いますが、筋肉の張りがある方が痛みは出にくいのです。

全体の身体のバランスが崩れてきているのですよね。

だから、元気な箇所は、軽く腹筋をしたりするもの良いですね。

そして、良い病院の先生は、こういうトレーニングをしてみたら?とも言ってくれます。

それをやるのも良いでしょう。

私の場合は、病院の先生の治療の仕方・リハビリの仕方を、トレーナーにも伝えていました。

全部繋がっていないので、自分がハブとなり、今必要なことなど周りに伝えていきました。

すると、みんな同じ方向でリハビリにいけます。これ結構大事かもです。

私は腰を動かしていけないという事で、何もできず腹筋もできない。

歩くのも腰に響くことがありましたからね。

そんな時は、全身の血行をよくしてあげる事が一番。

「バイク」です! 

近所のジムに行きましょう! ジムに登録してなくても区や市のスポーツセンター十分です!!

気持ちよくしっとりと汗を掻くくらい漕ぎましょう!

初めての場合はあまり重くない負荷で良いので、20〜30分ですね。

全身の血行をあげてくださいね!

実は、アスリートがやっている特別なバイクの漕ぎ方があります!!

これは、ダンサーにもかなり良いです!!

私は動けない時これをやってました!

かなりキツイです! 周りでのんびり漕いでる中、ひとりバイクで必死(笑)

ぜぃはぁ〜 言いますよ。それは次回!

マッサージグッズ〜パワーポジションボール

我が家には、マッサージグッズやトレーニングググッズがたくさん。

半分趣味のようなものよね(笑)

そして今ハマっているのがこちら!

パワーポジションボール!

IMG_5461

この春くらいに友人ダンサーが使っていて、私も欲しい!!と

そして友人に注文し使っていたのだけど、あまりにも優れものなので海外に帰る友人プレゼントしてしまい、ここ最近やっとGETです!!

なんと今ではAmazonにも売っていた!! 私は今回も友人にお願いしました (笑)

カバンの中にいつもコレが入っています。

レッスン始まる前に足裏をコロコロして使ってみたり、腰に使ってコロコロ。

何が優れているの?と考えてみると、ボールが二つくっついていて、間が凹んでいる!

この微妙な隙間が、骨に当たらず痛くない。

気持ちいいね〜。

でも少し固めですので、柔かいのが好みの方は違うものが良いと思います!

ダンサーの治療・リハビリ2

病院選びです。

病院選びって難しいよね〜。本当に。

ここ!って所はありますか?

特に日本は、整形外科やペインクリニック、マッサージ、整体、鍼 などなどたくさんあって、

西洋医学と東洋医学が混じり合っていて、みんなバラバラ。

それに加えリハビリの制度が整ってないのが現状。残念ながら。。。

と言いつつも一応整形外科は、行こうね。

診察というと、レントゲンを撮って湿布で終わり。

あれれ? これだけ??

そうそんなものよね。治療をしてもらうというよりか、診断をしてくれるよね。

湿布は対処療法だから少しは楽になるかもだけど・・・

でもレントゲンを撮ってもらうのは大事。大きな怪我の発見になるかもだし。そして撮ってもらったら一応レントゲンのコピーを貰ってね。

整形外科に行き、なんだかなぁ〜モヤモヤっと気持ちになり湿布を貼る。

軽い怪我は、安静にしていて湿布を貼り治るけど、治らない場合は??

痛みや炎症か取れないよ〜。(T . T)

そんな時は次へ。

整骨院・整体・マッサージ・鍼などなどへ。

保険治療をしくれるところも多いよね。

ネットで調べて行くのも良いけど、ダンサー友人や先生に相談して紹介してもらうと良いね

やっとここで本格的な治療へ。

レントゲンを持って行き、先生と「今の症状・今後どうしたいのか? いつまでに治したいのか』をきちんと伝える。

一般人ではないので、怪我を治すだけでなく、元の通り動けるようにしたいと言わないとね。

整体にしろ、マッサージにしろ、鍼にしろ、治療をしなくていけない期間、例えば1週間は治療に専念し安静。

2・3日で痛みは引いたから、すぐに踊り初めてしまったら、また痛いっ!ってなり兼ねないからね。

きちんと先生の相談の元、踊りましょう。

その病院には2・3回通うことはしても良いと思う。

そして良くなるのか、変わらないのか、悪くなるかを見極める。

先生との相性もあるし、何か違うとなればセカンドオピニオンを探すのも手よね。

私の場合は湿布と安静だけでは治らず悪化したという・・・・そしてやっぱり鍼へ。

鍼はやったことあったのだけど、あまり自分に合わない気がして、やらないようにしてたのよね。

でも鍼は直接患部を刺激するので、即効性はある。ただし上手い人でないと一瞬だけでなんの効果がないといこともあるという・・・

鍼は治療のみ使う。

鍼だけで全ての痛みを取ったり、身体の歪みを治すのは違うとも思っている。

私は鍼は緊急事態のときのみ。

日常的に通ってるといざ!という時に効かない気するのよね。

さて、次は炎症は取れた!でも痛い!!

そんな時はどうする?

ダンサーの治療・リハビリ1

この秋は、治療・リハビリに明け暮れた日々。

実は日常生活に支障がでるくらい重症で、本当に踊れなくて辛かったし、もう踊れないかも引退するかもとも考えた日々。

治らない身体に、心も病んできてしまうよね。ほんとに。。。

私の今回の怪我は、腰です。

ギッックリ腰というか、踊っていて徐々に固まってくる感じ。

腰の極度の疲労らしいです。それも、9月に一度。10月の本番の舞台稽古で一度。

本番があったから無理しないように踊っていたのだけど、身体は悲鳴をあげていたのよね。

本番は、テーピンングがちがちに痛み止め。踊れたけど次の日からは絶対安静にアイシングの日々。

そして治療。リハビリ。お陰様で復帰です!!!!

ただ怪我を治すのではなく、根本から見直す。

詳しいことは前の記事にも書いてますよ!

さて本題へ。

ダンサーやアスリートは、常に怪我と隣り合わせ。

怪我をする前に予防したり、早めの治療や整体などに行ったりと自分のコンディショニングは日々欠かせない。

身体といつも向き合ってるよね。

でも、怪我をするときはしてしまう。

本番といものがある以上、能力以上やギリギリまでやってしまうからね。

今回はそんな怪我をしたときのお話。

怪我をしたら炎症があるので、必ずアイシングが一番!

ジェルのアイシングパックまたは、氷をジップロックにいれたものでもOK!

患部を最低15分、長くて30分冷やします。

炎症がある場合は熱を持ってるので気持ち良く感じるよね。

そのときに大事なのが、アイシングパックをしっかり巻いて多少圧迫させること。

私の場合は、アイシング用の伸縮素材の包帯のようなものを使っていますが、トレーニングで使うゴムバンドでも大丈夫!

アイシングが終わり、15分くらい常温に戻し、またアイシング。

この日は湯船にも使ってはだめよ〜!

次の日は1回でもOK. 様子見してくださいね。

これを2.3日繰り返して、治るものもあります。軽い捻挫とか、おや??なんか筋肉痛い??みたいなものはね。

でもあきらかに病院行かないとダメなものは、すぐに病院へ行ってください。

次回は病院選びです!