文化庁在外研修に選出されました!

文化庁の平成28年度 新進芸術家海外研修制度に選出されました!

12月より、ドイツのレーゲンスブルク歌劇場のダンスカンパニーに振付・芸術監督の勉強をしに研修にいきます!

このカンパニーの芸術監督は、ヨーロッパで日本人で初めて公立の歌劇場で芸術監督になった森優貴さん

19歳にハンブルグバレエ学校に留学されてから、それからドイツのシュテファン・トスのカンパニーの主要メンバーのダンサーとして活躍後、

若干34歳で芸術監督に就任。今年で4シーズン目となります。

森さんの作品は、音楽性が優れていて、日本人の持つ繊細さとヨーロッパ文化で育ったダイナミックさがミックスされた作品です。

私は彼の元で、来年2月にプレミアがある新作「恐るべき子供たち」の作品過程・リハーサルを通して、

振付はもちろんな事、公立の歌劇場ならではの他の部署との作品の関わり方なども全て勉強します。

森さんの足手まといにならないように、少しでもアシスタントのように動けたらいいなと思ってます。

森さんの作品を少しご紹介します!

私もドイツで拝見した作品 「the house」ダイジェスト版です!とっても大好きな作品

今シーズン、チケットが取れないほどの人気のボレロ。リハーサル風景の動画です。

私もここのスタジオや劇場で研修しますよ

コメントをどうぞ

 

 

 

次のタグを使用できます

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">