ニキ・ド・ サンファル展

「面白い現代アートよっ!」と母に誘われ、国立新美術館のニキ・ド・サンファル展、最終日に滑り込みセーフ!

  

1960年代から活躍した女性現代アート作家、ニキ・ド・サンファル。

何も知らず来た私は、女性の強さ、時代に抗うように生き、その生々しく自分の想いをぶつける作品に、ひぇー!とショックを受ける。。

絵画ではなく、立体の彫刻やコラジージュ作品などなど。

初期作品は、ある種女性は皆、自分の中に隠し持っているダークな部分を、これでもかと痛々しく表現。

私も重なる部分もあったりと。分かる分かる。と納得。こんな風にぶち撒ける、ぶち壊したくなる事はあるよね。

でも、プライベートが充実するうちに、もっと彼女の女性像は自由になり、カラフルでコケティッシュ。

その女性の表現には、時代が反映もされていて、とてもユニーク。

そして、どの時代でも生きるという生命力にはアートというが表現しやすいのだろう。

彼女の強い表現に後押しされるような気持ちになった作品展

女性が圧倒的に多かったなぁ

ダンサーの治療とリハビリ3

前回の続きから、

①1週間休んで炎症もとれ、治ってきてたら、病院の先生からも動いてOKがもうらえるはずです。

軽い捻挫などの本当に程度なら休んでる間、元気な筋肉は落としたくないので、

自分で軽くレッスンの時にやるトレーニングやストレッチもやっても良いでしょう。

そしたら、レッスンを始めましょう!

でも絶対に無理をしないようにしてください!

②1週間で少し炎症もあり、不安でもう少しと2週間近く休み踊れることになった場合。

やっとレッスン出来るといって、張り切って踊らないで下さい!!

怪我の箇所の炎症はとれても、元気であった他の筋肉は2週間でフニャフニャです。

レッスンで身体が軽くて動けるような気になりますが、それは錯覚です。

気持ちよくてジャンプし着地した瞬間、筋肉が身体を支えられなくて靭帯がグキッ!!というのもあり得ます。

なので、復帰後は丁寧にまた一から踊れる身体を作りあげていくようにしましょう。

久しぶりに踊った身体は、次の日は筋肉痛です。

それを受け入れ、筋肉痛には筋肉痛を重ねとる筋肉痛は少なくなるので、またレッスンをしましょうね。

③2週間休んでも、炎症がとれても痛みが残ったり、他の箇所が痛くなってきた場合。

休んだから、元どおりなる!ではないのです・・・。残念ながら。

炎症はとれてきますが、元気だった筋肉も衰えてきます。

人にもよると思いますが、筋肉の張りがある方が痛みは出にくいのです。

全体の身体のバランスが崩れてきているのですよね。

だから、元気な箇所は、軽く腹筋をしたりするもの良いですね。

そして、良い病院の先生は、こういうトレーニングをしてみたら?とも言ってくれます。

それをやるのも良いでしょう。

私の場合は、病院の先生の治療の仕方・リハビリの仕方を、トレーナーにも伝えていました。

全部繋がっていないので、自分がハブとなり、今必要なことなど周りに伝えていきました。

すると、みんな同じ方向でリハビリにいけます。これ結構大事かもです。

私は腰を動かしていけないという事で、何もできず腹筋もできない。

歩くのも腰に響くことがありましたからね。

そんな時は、全身の血行をよくしてあげる事が一番。

「バイク」です! 

近所のジムに行きましょう! ジムに登録してなくても区や市のスポーツセンター十分です!!

気持ちよくしっとりと汗を掻くくらい漕ぎましょう!

初めての場合はあまり重くない負荷で良いので、20〜30分ですね。

全身の血行をあげてくださいね!

実は、アスリートがやっている特別なバイクの漕ぎ方があります!!

これは、ダンサーにもかなり良いです!!

私は動けない時これをやってました!

かなりキツイです! 周りでのんびり漕いでる中、ひとりバイクで必死(笑)

ぜぃはぁ〜 言いますよ。それは次回!

マッサージグッズ〜パワーポジションボール

我が家には、マッサージグッズやトレーニングググッズがたくさん。

半分趣味のようなものよね(笑)

そして今ハマっているのがこちら!

パワーポジションボール!

IMG_5461

この春くらいに友人ダンサーが使っていて、私も欲しい!!と

そして友人に注文し使っていたのだけど、あまりにも優れものなので海外に帰る友人プレゼントしてしまい、ここ最近やっとGETです!!

なんと今ではAmazonにも売っていた!! 私は今回も友人にお願いしました (笑)

カバンの中にいつもコレが入っています。

レッスン始まる前に足裏をコロコロして使ってみたり、腰に使ってコロコロ。

何が優れているの?と考えてみると、ボールが二つくっついていて、間が凹んでいる!

この微妙な隙間が、骨に当たらず痛くない。

気持ちいいね〜。

でも少し固めですので、柔かいのが好みの方は違うものが良いと思います!

PERCEPT. 舞台出演決定!

PERCEPT. 舞台出演決定!

愛知芸術劇場主催の「サウンドパフォーマンス」に選ばれました! やった〜!!

今年9月はじめアートに特化したハッカソン3331Art Hac Dayで出会った、音楽家 野口桃江とHCI研究員 川端渉の私たち。

ハッカソン後にすぐに ダンス×音楽×テクノロジーの新しい可能性についてチームを結成!

土俵が違う3人が集まると知らない事が多く刺激に溢れ、アレもコレもとやりたい事が盛りだくさん!

ほんと皆んな面白い!

ずっとベラベラ話してます(笑)

そんな中、愛知の芸術劇場の「サウンドパフォーマンス」は、既存のものではない音楽とパフォーマンスの新しいカタチを実験の場として発表する。

「まさしく私たちにぴったり〜!」と思い込みの強い3人は、急いでコンセプトまとめてDVD作成し公募!

そして結成2ヶ月で舞台が決まるっ〜!という!

今回は、『Resonance』

動きを感知する加速度センサーシステムを着用し、ダンサーの動きや心拍から音楽合成を行なう。

踊る事で音楽が生まれ、音楽によりまた新しい踊りが出来る。音楽と踊りが互いに共鳴しあう作品。

この作品のアプローチもまずは実験から。言葉遊びに音楽技法、またはアゴリズムも用いてと・・・実験を重ねて作品を創り上げる。

時間はないけど、どんどん実験してコレは面白い!という作品を作りたいですね!.

さうんど

サウンドパフォーマンス2

愛知芸術劇場主催の「サウンドパフォーマンス」に選ばれました! やった〜!!

ダンサーの治療・リハビリ2

病院選びです。

病院選びって難しいよね〜。本当に。

ここ!って所はありますか?

特に日本は、整形外科やペインクリニック、マッサージ、整体、鍼 などなどたくさんあって、

西洋医学と東洋医学が混じり合っていて、みんなバラバラ。

それに加えリハビリの制度が整ってないのが現状。残念ながら。。。

と言いつつも一応整形外科は、行こうね。

診察というと、レントゲンを撮って湿布で終わり。

あれれ? これだけ??

そうそんなものよね。治療をしてもらうというよりか、診断をしてくれるよね。

湿布は対処療法だから少しは楽になるかもだけど・・・

でもレントゲンを撮ってもらうのは大事。大きな怪我の発見になるかもだし。そして撮ってもらったら一応レントゲンのコピーを貰ってね。

整形外科に行き、なんだかなぁ〜モヤモヤっと気持ちになり湿布を貼る。

軽い怪我は、安静にしていて湿布を貼り治るけど、治らない場合は??

痛みや炎症か取れないよ〜。(T . T)

そんな時は次へ。

整骨院・整体・マッサージ・鍼などなどへ。

保険治療をしくれるところも多いよね。

ネットで調べて行くのも良いけど、ダンサー友人や先生に相談して紹介してもらうと良いね

やっとここで本格的な治療へ。

レントゲンを持って行き、先生と「今の症状・今後どうしたいのか? いつまでに治したいのか』をきちんと伝える。

一般人ではないので、怪我を治すだけでなく、元の通り動けるようにしたいと言わないとね。

整体にしろ、マッサージにしろ、鍼にしろ、治療をしなくていけない期間、例えば1週間は治療に専念し安静。

2・3日で痛みは引いたから、すぐに踊り初めてしまったら、また痛いっ!ってなり兼ねないからね。

きちんと先生の相談の元、踊りましょう。

その病院には2・3回通うことはしても良いと思う。

そして良くなるのか、変わらないのか、悪くなるかを見極める。

先生との相性もあるし、何か違うとなればセカンドオピニオンを探すのも手よね。

私の場合は湿布と安静だけでは治らず悪化したという・・・・そしてやっぱり鍼へ。

鍼はやったことあったのだけど、あまり自分に合わない気がして、やらないようにしてたのよね。

でも鍼は直接患部を刺激するので、即効性はある。ただし上手い人でないと一瞬だけでなんの効果がないといこともあるという・・・

鍼は治療のみ使う。

鍼だけで全ての痛みを取ったり、身体の歪みを治すのは違うとも思っている。

私は鍼は緊急事態のときのみ。

日常的に通ってるといざ!という時に効かない気するのよね。

さて、次は炎症は取れた!でも痛い!!

そんな時はどうする?

ダンサーの治療・リハビリ1

この秋は、治療・リハビリに明け暮れた日々。

実は日常生活に支障がでるくらい重症で、本当に踊れなくて辛かったし、もう踊れないかも引退するかもとも考えた日々。

治らない身体に、心も病んできてしまうよね。ほんとに。。。

私の今回の怪我は、腰です。

ギッックリ腰というか、踊っていて徐々に固まってくる感じ。

腰の極度の疲労らしいです。それも、9月に一度。10月の本番の舞台稽古で一度。

本番があったから無理しないように踊っていたのだけど、身体は悲鳴をあげていたのよね。

本番は、テーピンングがちがちに痛み止め。踊れたけど次の日からは絶対安静にアイシングの日々。

そして治療。リハビリ。お陰様で復帰です!!!!

ただ怪我を治すのではなく、根本から見直す。

詳しいことは前の記事にも書いてますよ!

さて本題へ。

ダンサーやアスリートは、常に怪我と隣り合わせ。

怪我をする前に予防したり、早めの治療や整体などに行ったりと自分のコンディショニングは日々欠かせない。

身体といつも向き合ってるよね。

でも、怪我をするときはしてしまう。

本番といものがある以上、能力以上やギリギリまでやってしまうからね。

今回はそんな怪我をしたときのお話。

怪我をしたら炎症があるので、必ずアイシングが一番!

ジェルのアイシングパックまたは、氷をジップロックにいれたものでもOK!

患部を最低15分、長くて30分冷やします。

炎症がある場合は熱を持ってるので気持ち良く感じるよね。

そのときに大事なのが、アイシングパックをしっかり巻いて多少圧迫させること。

私の場合は、アイシング用の伸縮素材の包帯のようなものを使っていますが、トレーニングで使うゴムバンドでも大丈夫!

アイシングが終わり、15分くらい常温に戻し、またアイシング。

この日は湯船にも使ってはだめよ〜!

次の日は1回でもOK. 様子見してくださいね。

これを2.3日繰り返して、治るものもあります。軽い捻挫とか、おや??なんか筋肉痛い??みたいなものはね。

でもあきらかに病院行かないとダメなものは、すぐに病院へ行ってください。

次回は病院選びです!

体・技・心

私の座右の銘というか、私の軸となるもののひとつ。

それが、「体技心

武士道の精神のひとつ「心技体」のこと。

心が強ければ、技術も上がり、体力もつく、この三位一体がアスリート界では大事な要素と言われている。

でも、私は逆だと思っている。なんとこの考えはプロゴルファーの青木さんも同じらしいですよ!(お時間あったら検索してみてください!)

超一流の人なら、心技体で良いと思う。

もともと条件よく天才なので、「よし!頑張る!!!』だけで技術は磨かれ体力・体も変わる。

私のような普通の人がやったら、気持ちだけでは続かない。

途中何度も何度も挫折を味わい自信を失くしてしまうから。

だから私は20代後半から、体技心をやってきた。

まず身体を変えよう!!

身体を変えて強くなったら、技術もあがる、そしたら自信がつき心も強くなる!!と!

すると怪我をすることなく踊れてきたよね。

そして今、また「体技心」を見つめ直す。

年齢を重ねると、今までと同じようなものではトレーニングではいけない。

あと10年踊れる身体にするには、それ相応のトレーニングをしてこなければならない。

なおかつ、この秋は怪我・治療・安静・リハビリの日々。

おかげで、自分の癖を直すこのに。

そのひとつが、立ち方・重心の位置を変えること。

これを変えたら全てが変わる。今までと同じ感覚では踊れないところも出てくる。

それでも同じ怪我を繰り返さないためには必要なこと。

怪我を治すリハビリも兼ねてその癖も同時に変えるプログラムに変更。

せっせと、トレーニングとバーレッスンを黙々とやる。

その効果は絶大。

自分が変わるのが分かる。感覚は違うのだけど、身体の安定感が違う。

きっと踊り方も変わってくるのだろうね。今から私自信も楽しみです!

上手くなる近道はないけれど、身体が変われば全てが変わる。

そして単純に、クヨクヨ悩んでる暇があるなら、身体を動かして汗かく方が気持ちも晴れると思いませんか?

ピラティスバレエ&バレエクラスWSのお知らせ

だんだんと寒くなってきましたね。

新しいWSのお知らせです。

ピラティスバレエクラスとバレエクラスの2本立てです!

私自身がピラティスを受けた後には、身体が引きあがっていてすぐに踊りたくなる!ということから、

2クラスをくっつけてみました! なのでめっちゃ長いです(笑)途中で疲れてしまうかもです。

もちろんどちらかひとつでも大丈夫ですよ!

ピラティスバレエクラス〜バレエを踊りやすくする身体作りをします。引き上げる感覚。アンディオールする脚の使い方など、体幹トレーニングです!

バレエクラス〜整った身体でバレエを踊ってみましょう!

このバレエクラスは、骨盤の位置、背骨の感覚、肩甲骨とアームスの関係などシンプルに身体と対話するようなクラスです。

身体の構造を理解出来るように丁寧に指導します。

[ 日時 ]

12月12日  土曜日

5:00〜6:00   ピラティスバレエ

6:15〜7:45 バレエクラス

[料金]

ピラティスバレエ 2500円

バレエクラス 3000円

2クラス受講 4500円

[場所]

スタジオ メッカ

東京都渋谷区神宮前2-31-8 FKビルB1

st_mecca


ご参加される方はメッセージお願いします! お待ちしています。


ようこそ我が家へ!

とうとう我が家にiMacがやってきました!

 
なんて美しいの!

Macのデザインの良さ。本当に美しい!

うんうん!(≧∇≦)

自然と机の上もスッキリ綺麗にしたくなる。

前使っていたのは、化石だと皆んな言われ笑われていたWindows vist 。
うん。確かに化石です!(笑)

この一年は、本体が熱くなってフリーズ!そのんなのがしばしば。(笑)

Windows vistにアイシングをして、フリーズしないように気をつけて使ったよね。(笑)

本当に使えなくなってきたので、思い切ってMacへ!

なんて使いやすいし、早いんだーーー!

すごーい!

スマホはiPhoneだし、iPadもあるし、iMacで正解ね。

動画編集したり、簡単なフライヤーも作れるし、楽しみが増えたっ!

きっと仕事とはかどるはずね!!