ダンサーとして追い込まれる

難しいくて追い込まれるように人の振付をがっつり踊る。ダンサーとして試されるいるよう。こんなの久しぶりすぎる。
若い時は、踊れなくて追い込まれたのはしょっちゅうで、必死に練習しまくっていた。

いつからか経験を重ね、立場が変わったりすると、そこまで必死にやらなくても、ある程度はこなせてしまう自分がいた。
『こなす』イヤな言葉だな。
いくつになろうとも、自分の価値観というフィルターをかけずに、素直に挑戦をしていく。

すると、自分が気付かなかった大きな発見もある。

それは必要な事なんだろうなぁと思うよね。
本日も筋肉痛で歩くのが痛いww

さて踊りにいこう。