コツコツと地味〜に

踊りをずっとやっていると、自分で自覚出来るくらいポーンと上手くなる時期というのがやってくる。

10代の思春期、20代、そして今!30代! 自覚出来るのってホントに少ないね。

なんとこのお歳でも、これは上手くなる?!と思える時期に突入かもしれないぞ!

なぜなら毎日身体について、踊りについての発見がある!!
それを発見して踊ると、めちゃくちゃ踊れる!!
わぁーい、楽しい〜!(≧∇≦)

実は私、この7月に怪我をしまして、人生初のぎっくり腰(T ^ T) それもダンスマルシェ公演一週間前。
ベッドから起き上がれない…
歩けない… ズキズキ響く…(/ _ ; )

本番は、どうにか踊れたのですが。。。
いやはや、本当に申し訳ないことをしました。m(__)m スミマセン。
ダンサーとして失格です。

7月までは、この歳で怪我もせず踊れたきたのは、バレエ以外のトレーニングのお陰もあると思うんだけど、この7月にやってしまったので、改めて基礎の基礎から見直し。

本当に地味〜に骨から見直しをし、地味〜に鍛え、地味〜に筋肉痛になる。

バレエの一番ポジションを地味〜に、ず〜とやってプリエをする繰り返し。
身体の感覚・使い方を確認。

ある意味、自分のクセとの戦いでもある。

バレエやダンスという華やかさはひとかけらもない。
そうやって3ヶ月。

(今までのベースがあったからこそ、3ヶ月で変わったきたのだと思うけど)

おやっ?!これはっ?!

という瞬間がやってきた!!
自分でもびっくり!身体が変わった!

これは見逃しちゃいかーん!

ということで、せっせと踊る。
また地味〜にやり続ける。

でもね、この地味〜が楽しいの(≧∇≦)
今までと違って、発見があるから!

このブログで公表してしまったからには、モノにしないとね。

はい。頑張ります(・ω・)ノ

そして、もちろん気づいた事は惜しみなく生徒たち伝えていきますよ!

コツコツやってる時って、先が見えない時がある。

本当に。

これは堂々巡りなんじゃないか…とか
変わらないのじゃないのか…とかね。

やってる努力が無駄に思える時がある。

そんな事はない!

やっていれば道はみえる!

でも、同じ事やってもし変わらないならば、違う見方をして、違う方向からアプローチをすると気づかなかった事に気づくということが多い。

ほんの些細なことに注意を払うと、見えてくる糸口があるはず。

道筋は、何通りもある。

人の数だけ道筋はある。

その先には、違う世界がある

やり続ける事に疑問は持たずに、コツコツ地味〜にやることが大事だね。

ユネスコ ワールドダンスコングレス2014

友人の瀬河寛一くんが副会長を務める、ユネスコのワールドダンスコングレス2014に参加します。

http://www.cid-tokyo.org/

世界中からバレエ、コンテ、タンゴなど、様々な踊りも一同に集まり、ワークショップ、レクチャー、パフォーマンスのダンスイベントが、日本で初めて開催されます。

私はパフォーマンスで参加します。
私と、ヴァイオリンの廣川抄子さん、
作曲は鉾山純也 さんで、残響という作品です!
25日のみになります!
プログラム

この短期間にも関わらず、みんな流石です!
仕上げてくるね〜。
楽しんでるね〜。

私頑張らないと!

チケットのお申し込みはコチラです!

http://lawson-ds.jp/other/unescowdc/

詳しいコングレス2014の詳細はコチラ

http://cid-tokyo.org/wdc2014/index.html

IMG_1461.JPG

空気のチカラ

私は常に、空気を醸し出せるダンサーになりたいと想っている。

私の周りの空気が動く。

大きくなったり、小さくなったり、

温かくなったり、冷たくなったり、

切れていたり、柔らかかったり、

澄んでいたり、まったりしたり、

どんな振付であれ、自分がどう想う、どう表現したいかで、空気は変わる。

だから自分が常に意識するので、人が醸し出す空気には、人一倍敏感。

表面でないところが、見えてしまう。

感じてしまう… その人のエネルギーを。

なので、時々すごく疲れます(笑)

とはいえ、話すより先に状態が見えるので、役に立つことも多い。

これって、結構職業病みたいなひとつよね。

実は、この空気を読み取るチカラは、習得できると思っている。

それは舞台を観ること。

ARTに触れること。

話さない、説明がなかったりするので、これは何を伝えてしようとするのかを、じっくりみて考えるようになる。

五感を働かせる

イマジネーションを働かせる

会場の空気 ダンサーの息づかい 楽器の波動 など

開演中の空気は、様々なカタチに変貌する

そこに自分の状態・感情があるので、どう捉えるのかは変わってくるけど、意識すると感じとれる。

だから、舞台やARTを観て感じる事重ねていくと、読み取るチカラも養われると思っている。

空気にはそんなチカラがある。

ベスト体重を知る

自分のベスト体重を知ってるのは、すごく大事。 

何に基準を合わせるのかは、人それぞれだろうけど、この身長だからこの体重というようり、一般な体重を考えるより、今の生活のあったものを見つけるのが大事。

 私の場合は、踊りをやっているので、踊りやすい体重。 

本番前は、体重が落ちる事が多いので、それを考慮して、1キロくらい多めの体重を42kg前後をキープする。(因みに身長は158cmです) ←あぁ、公開してしまった!(=゚ω゚)ノ 

 この42キロ代が私の場合はポイント。この体重を軸に多少の上下はオッケー!グラム単位でいつも気にしてます。  

もっと太った方が良いと言われますが。。。女性の身体としては、細すぎるしね。

もう、これは職業重視です。 

この体重は、見た目だけではなく、踊りやすさ、筋肉への負担ケガ防止もあるからね。 

では、自分はどう決める?という時…
人よっては、洋服のサイズから決める人、運動してる体重で決める人、筋肉つけるために太った方がいい人、など様々。

 1番は、何のためにこの体重とする!と決める ということ。 

曖昧だと、体重をキープする意味がないですものね。 

自分の生活の中で、心地よく生活できる体重はあります。 

是非見つけてみてくださいね!

ダイエットはしてはいけない!

ダイエットしてはいけない! 

なんて書くと怒られそうですが…
一度太って、ダイエットすると体重は落ちたとしても、実は、身体のラインのどこか崩れてるの。

お尻の下だったり、足のラインだったり…(T ^ T) 

それにダイエットって大変よね。

 好きなもの我慢しなきゃいけない日々が続くんだもの。

 痩せなきゃ!

っていう想いがストレスにもなるし ふぅ〜。。ヽ(´o`; 

 だから、太らない努力をする! 

これしかないよね。

 自分のベスト体重が分かっていたら、上下500gか1kgの間で調整。

 食べ過ぎた日の翌日は、軽めで調整や、この甘いものをちょいガマン。

 もしくは、食べた分消費する!

くらいの勢いで練習するなど。 

維持することは結構簡単! 

そしていつも同じ条件で体重を計っておくこと! 

週一で良いので!目安〜くらいな軽い気持ちでね。

 体重の増減を自分でコントロール。 

太りすぎても痩せすぎてもダメ。 

まずは自分のベスト体重、ベスト体型をみつけてね! 

写真は、手作りアサイーバナナジュース!

朝ご飯に良いですね。

IMG_1348.JPG

スティーブジョブスの名言

10/5は、スティーブジョブスの命日。
そして、今年は三回忌にあたる。

もう三年かぁ〜。
Mac信者ではないけど、スティーブジョブスの卒業スピーチは忘れられないよね。

この三回忌にあたり、ある記事をシェア

彼が残した33の名言

http://tabi-labo.com/51006/steve-jobs/

今一度、彼の言葉を噛み砕く。
( ̄^ ̄)ゞ

お勉強〜

今一度お勉強です。

教わってはいるけど、きちんと学びたい!という思いから、ある資格を取るためお勉強。

背骨骨盤ちゃんのキーホルダー触りながら、本を見てイメージ!

そして、自分でも動いてみて、ココ使えてる?!
うぅ〜 筋肉プルプル。
ふぅーーっ ヽ(´o`;

今ココできちんと勉強することで、私自身の肉体改造にもなるし、バレリーナちゃんたちに教えるにもフィードバック出来る!
そして、美しくありたい!という思う方にも、新たにプログラムを考え中〜!!
わくわく(≧∇≦)

全部私が実験台!
身体の専門家も近くにいるし、分からない事はすぐに相談出来る!
ありがたい。

よーし!やるぞ!

IMG_1462.JPG