苺をつぶしながら  無事終わりました!

ダンスマルシェダンスパフォーマンスvol.4 「苺をつぶしながら」 

多くの方に観に来て頂けて、たくさんの方に支えられ、今回も無事終わりました!!

ありがとうございました!

今回は、出演者も少なく、スタッフもいつものチームなので、何も心配もなくのんびりとアップからはじまり、

場当たり・ゲネ・本番。

とても落ち着いた会になったと思います。それもこれも、舞監の尚美さんがいるからです。

いつもここでやるときは、時間がない!!っと焦るんですけどね。

 

本番の公演は、タンゴシーンはもう少し力抜いて踊りたかったな。

ちょっと力んだかも。

これは反省です。タンゴに関してはゲネの方が良いですね。

私の無謀な挑戦にも関わらず、窪田さんには感謝。

 

ギターの安部さん。大変だったと思う。ホントに。

たくさん話して、リハを重ねていったので、本番は何の心配がない。

ギターの音色を感じながら踊れたので気持ち良かったです。

今回私の踊りはギターと合うと言われ、納得です。しっくりくるのよね。

安部さん、慣れない舞台音楽ありがとうございました!

 

今回映像に専念した前田さん、初めて照明として参加してくれた上杉さん。

影の綺麗な照明に、私の踊りのタイミングを覚えあわせてくれる映像、タイミングがばっちりでした!

ありがとう!流石やね!!

このステージは私の目の前の目線の高さが、照明ブース。誰よりも私を見つめている2人です。

そのせいなのか一人で踊っている気がしない。今ここで一緒に創っている感じがする。

そんな風に感じられて嬉しかったなぁ。

 

そして今回私よりも目立っていたのは、笠井さんがデザインしたイス!!Thank you!

このイスは七変化するので、面白い。仲良くなるまでは大変だったけど、今では一緒に踊ってくれてます。

そんなイスとのダンスをみて、笠井さんが喜んでくれ、私もホッと安心。良かった~。

 

そして、そして、私はというと・・・。

この作品に自分自身が向き合えたことが、良かったなと。

途中逃げ出したくときもあり・・・。

そんなこと言っても私しかいないからやるしかないという状況。

またしても、男前になるなぁ~と思いながらも・・。

でも、ダンスは女として踊れたんじゃないか。

ある方が、「子宮で踊る」ともいちごを観ておしゃってた。そうかもね。

身体の中でうずくというか、あるんですよね。ココに!だから女に。

踊り方も変わった~とも言われ、なんだかうふふ・・・。

 

そして本番は・・・。

一回は物足りないなぁという感じ。

、終わっても元気だという・・。

体力あるのよのね。ホントに。あと三回は!という感じです。

やはり次回公演は、3回ほどやります。

実は、次回公演に向けてもう面白い話があって!!

それを生かすも殺すも私次第かもしれませんが、まずはその可能性を知る必要があるかな。

終わったばかりですが、もう次の事を考えてます。

 

いちごの舞台写真は、後日アップします。

結構良いですよ。

いちご公演、間もなくです。

いよいよ、いちご公演。ドキドキ・ワクワクです。

長かったような、短かったような。そんな感じですが、ちゃんと自分には向き合えたと思います。

 

公演前に観に来て下さる方にお知らせです。
今回の上演時間は、40分ほどになります。
また、今回は劇場ではなくライブハウスの公演のため席に限りもあり立ち見になる可能性もあります。座って観れる席をご希望の方はお早目にお越しください。
1ドリンクチケットは開演前・終演後でも使えます。

6時よりチケット引き換え開始。
7時半 開場
8時  開演 

楽しんで頂けるよう、出演者・スタッフともに、この日の為に作品を創り込んでいます。
皆さまのお越しを会場にてお待ちしています。

チケットについて

本番1週間前になりました。

実は嬉しい事に、前売りのご予約を締め切らせて頂かないといけない感じです。

でもまだ大丈夫です。

当日券も残しておかないといけないので・・・。

もともとはライブハウスなので、たくさんは入りますが、

良い環境で観て頂くには・・・、立ち見も含め130人はMaxかもと思います。

 

なので、ご検討中の方はお早めにお願いします!

ギタリスト 安部一城

安部さん。今回初共演です。

とっても話しも面白く、良いお兄ちゃんって感じです。

今回の私が舞台に賭ける想いを全身で受け止めてくれて、私の無理難題を全身で答えてくれています。

とってもありがたい。

ギタリストとしての才能があるだけでなく、人としても素晴らしいかたです。

 

安部さんをご紹介。

安部一城

安部一城

12歳でギターをはじめる。
14歳から音楽の道にあこがれて高校生からプロとして活動を始める。
現在はJ`z Craze、ドデカコルドンのギタリスト。
様々なジャンルのライブ・スタジオでギタリストとして活動する傍ら
作曲家・アレンジャーとしても高い評価を受けている。
震災後に立ち上げた福島の子供達の未来のための音楽レーベル「フクシマレコーズ」
1stアルバム「Good days」に、ギタリスト・作曲家として参加してる。http://www.fukushimarecords.com

いちごへの想い

いよいよです。10日きりました。

 

本番3週間前くらいは、「人生かかってきた感」が、私の上にずっしりとのりかかってきて、

不安だったり、胃が痛くなったりと、ちょっと弱気にもなり・・。

特に今回は、一人ということもあり、相談できる相手がそばにいつもいない・・。

良いか悪いかも分からないから、ただ私のイメージを膨らませ、踊りに重ねる。

そんな自分自身を奮い立たせるために、自ら「いまやらないとこの先はない」と追い込む、追い込む。

 

そして、むかえたスタッフ下見。

率直な意見が飛び交う。

私のやりたい事を汲み取ってくれるスタッフに、一人じゃないんだねと実感。

そう、この人たちがいるから舞台が出来るんだ。

決して一人ではなく、みんなこの舞台の為に動いてたんだと・・。

 

そして、10日前の私は・・・。

今回はソロで向き合えたのは良かったと思う。

きっとこれはステップになる。そう思える。絶対に。

そんな確信のもと、今は楽しいと素直に思える。

でも決して手は抜かない。

本番ギリギリまでやりますよ。

 

そういえば、この人生かかっていた感話をフェイスブックでしたら、みんなに「男前!!」と、

そう、私は男かもしれないと、そう思える瞬間があるのよね・・。(笑)

いちごリハーサル3

今回はソロ中心なんですが、1曲だけ男性と踊ります。

tango

tango

 

実は無謀にも、新しい踊りに挑戦です。

タンゴです。

でもタンゴになってないので、タンゴ風です。

ヒールで踊るという難しさ、大変です。

バランスが違んですね。

でも、バレエダンサーでもあり、タンゴダンサーの窪田さんのお陰で、それっぽくなってます。

舞台で踊る以上みっともないのは見せれないので、必死に練習して踊りますよ。

近い舞台だからこそ楽しめると思います。

ちょっとだけあたたかく見守って下さると嬉しいです。

いちごリハーサル

今回の「苺~」の公演。

美術協力として、前回も空間美術としてお手伝いしてくれた笠井義和さん。

実はあるモノを借りてます。

あるモノ
あるモノ

  初めてコレを見た時に使いたいと思っていて、今回念願叶います!

   

  なに?

  と思いますよね。でもナイショです。

  笠井さんが、デザインです。

  今回の舞台では、大活躍。 

  ぜひ、お楽しみに~!

JZ Brat

久々のJAZZライブ。

お友達の澤田かおりちゃんのライブに!

といっても、私の友達のホームパーティーで会って、その時に軽く歌ったのとは大違い。

めっちゃ上手い。カッコ良い。

 

東京セルリアンホテルにある、「JZ Brat」 とっても素敵な空間。

JZ Brat

JZ Brat

 

大人の空間。

ブルーノートほと大きくなく、小さくなく、デートにはピッタリですよ。

ちなみに私は、デートではなかったのですがっ!(笑)

 

 

 

 

みんなで

みんなで

終わってからみんなでパチリ。

私の横が澤田かおりちゃん、ピアニストのジョージ、イタリアから来たセレナ、

かおりちゃんと一緒に出演してたルンヒャンちゃん、ゴスペルをやっているゆかりちゃん。

ジョージとは、私のお兄ちゃんみたいでよく私の世話を焼いてくれます。

今回も、ジョージからのお誘い。ありがとう、ジョージ。J

ホントに楽しいライブでした~。

またかおりちゃんのライブに行きたい!すっかりファンですよ。

俊徳語録31

久々バレエのお時間です。

空気との関係は前にも話しましたが、先生も何度も言うほど大事な事。

そう、大事なんです。踊り方見え方が全て変わるからね。

 

俊徳語録

「常にポールドブラの時にワキの空気を感じるようにしなさい。まるで、空気と遊ぶように踊りなさい」

日本舞踊とバレエの最も違う点は、ワキと腕の間の空間の扱い方にある。(と、前におっしゃいました)

日本舞踊ではこの空間を引き締めるように意識するが、バレエではふわっと大きく保つのが重要である。

ただし、肩はしっかり下げて胴体自身は常に下がった状態になければならない。